トップ

学校における委員会活動の役割

小学校の高学年から委員会活動というのが始まります。子どもたちはクラスや学年の枠を超えて、それぞれ運営・衛生・文化・体育など様々な部に所属し、自治活動に取り組みます。場所によってボランティア活動やベルマーク活動に取り組んでいるところもあります。委員会活動がさかんな学校はいじめが少ないと言われています。地域社会とのつながりが深くなるので、外部者の出入りが多く、教師・保護者・地域の大人が一体となって子どもたちの様子を見ることができるからです。またでリーダーを育てるという意味でも重要な役割を担っています。

家庭教師なら名門会がお勧めです。
勉強の仕方をしっかり知ることによって自分から進んで学習するようになります。学校、家庭との連携を大切にしていますよ。

総括としての教育委員会の仕事

県の教育委員会の仕事として、県内に点在している公立の学校の管理や監督を主に行っています。教諭として働く先生の配置や移動などの管理を行って、校長や教頭などの校内の管理職などの人事の取り決めを行うなどの事務の仕事を行います。教員に関する採用試験の主催者としての責任も持っています。また、教育委員会で働く職員は学校の先生と生徒の間での仲介役として、教育を中心としている様々な指導を行っています。その他に、生徒に対する特別な支援の教育の取り決めなどの提案を行って、生徒が勉強を学びやすい環境を作る仕事もあります。

学校の委員会の情報