トップ / 予備校の選び方について

予備校に行くなら楽しい方がいい

あなたは予備校に通っていますか。またはこれから通う予定はありますか。浪人生や学力を補うために仕方なく行くというイメージが大変強いのですが、どうせ行くなら楽しくて能率が上がる場所がいいと思います。特に講師陣が分かりやすくかつ受講者側の気持ちになって考えてくれるところが理想です。生徒側とのコミュニケーションが取れない予備校は楽しくなく、結果的に勉強を教える側、聞きたいと考える側との接点が取れず、学力も上がらないというケースが多く見られます。

予備校を選ぶ際に気をつけたい事

予備校を選ぶ際には、各予備校の特徴をきちんと把握することが必要です。志望校の大学に特化している学校もあれば、ベーシックな受験の基礎は教えても、高いレベルの内容を教えない学校もあります。受験する大学が国公立か、私立か、また、地域によっても教える内容に差が出てきます。北海道の人間が東京の大学を受験するならば、北海道で授業を受けるよりも、東京で受けた方が授業の種類も多く、より密な内容を教わる事が出来ます。しっかりと学校の比較をし、自分の目指す大学の内容をよく把握し、しっかりと勉強する事が必要不可欠です。

医学部 予備校は、こちらで決まり!
勉強が面白くなる!どんどん集中できる!そんな声が多い学院です。しっかりとした手ごたえを感じながら受験に向かえます。

学校の委員会の情報