トップ / 学校で理学療法士になる

需要急増の理学療法士養成の学校

高齢化社会となり、肩や腰が痛い人、関節痛に悩む人が増えており、体がスムーズに動くことや何の苦労もなくスムーズに元気よく歩けるということは、中高年以降の世代にとっては大きな願いです。理学療法士の学校を卒業すれば、いつまでも自分の足で歩けるように援助したり、また、歩くのが不自由な人や体のどこかに痛みのある人を、少しでも良くなるように援助することが出来ます。養成する学校は近年増えていますが、カリキュラムはどこもハードですがやる気と強い志があれば、ハードなほうが毎日が充実し、理学療法士もやりがいがあるはずです。

学校の委員会の情報