トップ / 通信制高校の特徴とは

多様性が持ち味の通信制高校

通信制高校は、私立だけでなく公立の学校も存在します。さらに通信制ならではなのが、学習センター。特に広域通信制の場合は複数学習センターを設けています。大きい学校であればかなりの地域に学習センターがあります。さらに通信制の特徴として、普通科以外の過程がある学校があることが挙げられます。たとえば、芸能やアートなど専門のことも学べたりします。ですので、通信制高校は全日制よりも自分のやりたいことに取り組めることが出来ます。もちろん勉学などの進学実績がある高校もあるので、非常に多様性があると言えます。

通信制高校は費用が安い!

通信制高校は全日制の高校に比べると、学費が安くすみます。私立の場合は、高校によって違いがありますので、出費がかさむ場合がありますが、公立の場合は3年間通ったとしても、10万円位で抑えることができます。また、通信制高校は時間の余裕がたくさんありますので、学費を稼ぐためにアルバイトをしながら通うことも可能です。さらに、正社員として働きながら通うことも可能です。金銭的な理由によって全日制の高校に通うことができない人でも、働きながら通える通信制なら通学が可能ですので、高校進学を諦めていた人も学ぶことができます。

通信制高校社会で通じる教育を。
沢山の卒業生が社会で括約しています。さまざまなサポート体制が充実しており、進路に悩んでいても相談に乗ってくれる人がいます。

学校の委員会の情報